ひとり時間を楽しむ

ジムの雰囲気が苦手!その理由と解決法を私の体験談からまとめました

ジムになかなか行けない人の理由として多いのが、「ジムの雰囲気が苦手」ということです。人と話すことが好きで、体育会系の部活動をしていたという人ならすぐに慣れるかもしれません。

でも内向型で文系の部活動しか経験していない人にとっては、「ジム」という場所自体に苦手意識を持っている人も多いです。

内向型の私も前々からジムに行きたいと思っていたものの、なかなか行く勇気がありませんでした。現在は慣れてはきましたが、やはり雰囲気が苦手だなと思ってしまうことがあります。

そこでなぜ、ジムの雰囲気が苦手なのかを考えてみました。「これからジムに通いたい!」という方の参考になれば幸いです。

※新型コロナウイルスが流行したため、現在はジム通いをお休みしています。ご了承ください。

ジムの雰囲気が苦手に感じる理由

ジムに行ったことがない人でも何となく「こんな雰囲気なのかな?」と想像できるかと思います。楽しく汗をかきながら、仲間とワイワイしているというイメージを思い浮かべる方が多いかもしれませんね。

でも、そんな和気あいあいの場所に途中から入ることに不安を感じてはいませんか?

ジムの雰囲気が何となく苦手…と感じてしまう人の主な理由をご紹介します。

  • 体育会系のノリが苦手
  • 仲間に入りづらい
  • 距離感が近そう
  • 全然面識がないのに急に話しかけられそう
  • 女性たちのグループの会話が気になる
  • サウナでの会話に困る
  • レッスン開始前にひとりでいることが苦痛
  • どの程度の関係の人まで挨拶すればいいのか悩む
  • 悪口をいわれているのではないかと気になる
  • ジムの主みたいな人に気に入られるか心配
  • クリスマスやハロウィンなどのイベントに参加するのが嫌

など…

ちなみにこちらの理由は、世間の声+私の経験談が含まれています。

私は現在夫と一緒にジムに通っているのですが、内向型の私はいつも心が折れそうになります。運動することが嫌とかではなくて、人との付き合いのほうが苦手なんですよね。だから夫がいてくれて大変助かっています。

私はひとりで黙々トレーニングしていたわけではなく、主にスタジオレッスンのほうでたくさんの人と一緒に体を動かしていました。だから余計いろいろと考えてしまうのかもしれません。でもスタジオレッスンは楽しいんですよね。ストレスも発散できますし。

さやみみ

黙々とやることは好きですが、集中力が続かないため、インストラクターさんの指示のもと体を動かすスタジオレッスンを中心にやっていました。

仲間を作って楽しみながら運動したいという人には最高の場所なんだと思いますが、真逆のタイプの人間にはなかなかなじみにくいところがあります。

ジムの雰囲気が苦手という悩みは多い

先ほど理由をたくさん挙げたのですが、根本的には同じようなことなんですよね。

よくある悩みを質問形式にまとめてみました。

悩み①「みんな仲間だろ♪」感が苦手なんです…

体育会系のノリといいますか、みんなと騒ぎたくて仕方がないみたいな人が多いイメージがあるかもしれません。その空気感に合わせなくてはいけないと思うとしんどいですよね。

ただこれは、スタジオレッスンに限ります。ランニングマシーンなどの器具を使う人は、ほとんどの人が黙々とトレーニングしています。

スタジオレッスンでもひとりで参加している人は多いので、そこまで仲間外れ感はありません。ただいつも参加していると、「みんな同士」みたいな空気感も漂います。でも気にしなければ大丈夫です。開始前までスマホをいじって、終了後はすぐに帰るという人がほとんどです。

グループで行動している人も中にはいますが、ひとりで参加している人も多いのでそんなに気にならないかと思います。

「人付き合いは苦手」という雰囲気を醸し出しておけば、話しかけられることはほぼありません。

ちなみにインストラクターさんが馴れ馴れしく話しかけてくるというイメージがあるかもしれませんが、きちんと一人ひとりに応じた対応をしてくれます。店舗にもよるとは思いますが、ほとんどのインストラクターさんは空気を読んでくれますよ。

悩み②人の目が気になるのですが…

ジムに行くと人の目が気になるというのも結構聞こえてきます。

  • 自分の体型にコンプレックスがある
  • 運動ができないと思われたくない
  • ひとりでいる寂しいやつと思われたくない

主な理由はこちらですね。

誰かにいわれていなくても、自分で悩んでいることがあると過剰に反応してしまうんですよね。これに関しては、人はほとんど気にしていません。自分で自分を追い詰めてしまっているんです。

私も人の目を気にしてしまうタイプなので、最初はいろいろと考えてしまいました。でも通ううちに意外と人の目に慣れていくものです。

「人は人、自分は自分」

どうせジムでしか会わないし!と気持ちを切り替えるのが一番です。

悩み③どこまで仲良くしたらいいの?

「ジムの人ってみんな仲が良さそう」とイメージしている人も多いのではないでしょうか?

実際はそんなことありません。地元の顔見知りの人がグループを作っているか、10年以上通っていて仲良くなったパターンが多いです。

私は3年ほどジムに通っていますが、誰とも仲良くはなっていません。ひとりだけ、毎回顔を合わすときに挨拶する年配の女性がいるくらいです。

挨拶もどのくらいの範囲の人までするのか難しいところですよね。私は挨拶をしてくれたら返すようにしています。たまに「私に挨拶したのかな?」と自信がなくなることもありますけど。

なので無理して仲良くしなくても、まったく問題ありません。自分のペースでトレーニングをしていきましょう。

悩み④スポーツジムに嫌な人がいます……

私が通っていたジムには、私が苦手だなと思う人がいました。

お山の大将みたいな人で、仕切ってみんなをまとめるタイプの人だったんです。

私が苦手と感じていただけで、みんなに嫌われているとかではまったくありません。

ただ、私のような小心者にとっては、少し怖い存在だったんですよね。

好きなレッスンがあるようで、結構同じ時間になることが多かったです。

でも自分で勝手に苦手意識を持っているだけで、きっと相手はなんとも思っていないだろうし、悩むだけ無駄だなと思いました。

対処法としては、このようなものがあります。

  • 行く時間をずらす
  • 割り切って考え方を変える
  • 相手の良いところを見る

相手は変わらないので、自分が変わるしかありません。

どうせジムでしか会わないし、勝手な思い込みだからと気持ちを切り替えるしかないです。

可能ならその人がいない曜日や時間帯をに行くようにすれば、余計なことは考えなくてすみますよ。

ジムの雰囲気は苦手だけどジムに通いたいときは

ジムの雰囲気は苦手だけど、それでもジムに通いたいときは以下の解決方法がおすすめです。

  • 挨拶程度の関係を保つ
  • グループには属さない
  • 面倒な人がいる時間は避ける
  • 「ひとりでトレーニングをする」ことに徹する
  • ダイエットのため、体力づくりのためなど目標を設定する

友達づくりのためにジムに通っている人もいますが、みんなが同じとは限りません。多くの人は、筋肉や基礎体力をつけるということが大きな目標となっています。

「なんのためにジムに通うのか?」と、自問自答してみると目的がブレません。

時間帯については、夜の時間帯のほうが比較的落ちついています。人混みが嫌な方は、閉店1時間前くらいを狙ってみるとよいでしょう。

やっぱりジムは無理!なら、オンラインジムを活用しよう♪

LEAN BODY

今は、おうちにいながらヨガやピラティスなどのレッスンを楽しめるサービスも続々と登場しています。オンラインジムなら自分の好きな時間に、好きな場所で体を動かすことができます。スッピンでも参加できますし、何よりも周りの目を気にしなくていいのが嬉しいですよね。

もちろん、人間関係に縛られることもありません。

料金もジムに行くよりも格安なので、「ジムに行くのはちょっと…」という方はぜひオンラインジムも検討してみてくださいね。

ジムの雰囲気に負けずに楽しもう!

友達をつくるためにジムに通っているという人もたくさんいます。仲間がいるから頑張れるというのもありますからね。

でも、その空気感や雰囲気が苦手という方は無理に周りに合わせる必要はありません。自分のペースで楽しめばいいんです。「○○Kg痩せるためにジムに通う!」「体を引き締めるため頑張る!」とこのように割り切りましょう。

そこまでメンタルが強くないという方は、ぜひおうちでできるフィットネスにも挑戦してみてくださいね。

ABOUT ME
さやみみ
内向的な性格で、最近自分がHSPだということを知りました。働くことが大好きなのに、働きづらさを感じてしまう。この状況を打破するために、自分らしい働き方を追求しています。現在はwebライター&ブロガーとして活動中です。