HSPが一人が好きな理由とは?一人の時間を罪悪感なく過ごそう♪

「誰かと一緒にいるより一人が好き」と思っているHSPさんは多いのではないでしょうか。

人よりも五感が鋭いHSPさんにとって、一人の時間はとっても大切です!

なぜなら、他の人に比べてエネルギーの消費がとても激しく疲れやすいからです。

そんなHSPさんにピッタリの休息方法は、一人でゆっくり過ごすこと。一人が好きだと思うのは、何ら不思議なことではないのです。

この記事では、HSPさんが一人が好きだと感じる主な理由と、一人での過ごし方についてお伝えしていきますね。

目次

どうして一人が好きなんだろう?

なぜ自分は一人が好きなんだろうと考えたことはありますか?

わたしも一人で過ごすことが好きなので、なぜなのだろうと考えてみました。

①複数の人といると疲れやすい

HSP気質の人は、一緒にいる人数が多ければ多いほど、たくさんのエネルギーを消費します。

人の表情や声色、仕草、雰囲気などから気持ちを感じ取ることが得意なので、一生懸命に気を遣ってしまうのです。

HSPさんは高性能なアンテナを持っていて、自然と情報をキャッチします。

そのため、ほとんど無意識のうちに気づくことができるのです。これってすごいことだと思いませんか?

さやみみ

危険を察知する能力もあると思ってる!

ただ、気づくことが多すぎると頭がパンクしてしまいます。

人の数だけ受け取る情報も増えるので、頭の中がぐるぐるして大変です。人が多い集まりなどは可能であれば避けましょう。

気づくことが得意なのはHSPさんの強みです!気づきすぎて疲れてしまう自分をどうか責めないであげてくださいね。

素晴らしい強みを活かすためにも、一人になる時間を作って心と体を休ませてあげましょう♪

②聞き手になることが多い

誰かと会話をするとき、どちらかというと聞く側になることが多くありませんか?

しっかり者で頼りになるからと悩みを相談されたり、ときには愚痴を聞いたり、ということもあるでしょう。

これもなかなかのエネルギーを消費するので、聞き終わる頃にはドッと疲れてしまうんですよね。

ハッピー

自分のことのように親身になって聞いちゃうから、エネルギーをかなり使っているかも……。

HSPさんは共感することが得意で、自然と人の心に寄り添うことができます。どんな悩みも愚痴も、否定せずに優しく受け止めることができるのです。

ただ、受け止めすぎて自分も辛くなってしまうので、無理は禁物ですよ!

悩み相談なら、その人の苦しさが自分のことのように思えて辛くなります。愚痴だと誰かの悪口や不満を聞くことになりますから、あまり聞きたくないですよね。

真面目で優しいHSPさんは、話を聞いて相手が少しでも楽になるなら聞いてあげなきゃ!と思うかもしれませんが、疲れていたら無理に聞く必要はありません。

たまには自分を優先してあげてくださいね♪

③周りとの境界線が薄くなりがち

自分とは全く関係がないはずなのに、自分のことのように感じるときがありませんか?感情移入する力がとても強いHSPさん。

家族や友人だけでなく知らない人にも感情移入するので、心がたくさん動いて疲れてしまいます。

もし誰かが大声で怒鳴られていたら、まるで自分が怒られている気分になりますよね。

場合によっては、「自分のせいなのでは?」と不安になったり、泣いてしまったりする人もいるかもしれません。

自分とは一切関係がなかったとしても、かなりダメージが大きいです。

さやみみ

知らない人でも「あの人、大丈夫かな?」と心配しちゃうもんね。

人に限らず、その場の空気が何となく重かったり、ピリついていたりするだけでも、影響を受けやすいHSPさんは落ち着きません。

限界になると、早く誰もいないところに行きたい!と思いますよね。

人は人、自分は自分と割り切るように意識しましょう!どうしても難しいときは、物を使って周りとの境界を作るのが効果的です。

例えばアイマスクをしてイヤホンで好きな音楽を聴くと、簡単に自分だけの世界が作れます!

一人の時間でリフレッシュ!

一人で過ごす時間は、疲れてしまった心身を癒す大切な休息時間です。趣味や好きなことに没頭して元気をたくさんチャージしましょう!

どんな風に過ごすかは、同じHSPさんといえど人それぞれ違ってきますが、思いついたものをご紹介します。

  • 外出したい…散歩、買い物、食事、カラオケなど
  • 家でのんびりしたい…読書、ゲーム、絵を描く、料理など
  • 体を動かしたい…筋トレ、ヨガ、ダンスなど

あまり深く考えすぎず、そのとき自分がやりたいと思ったことをやるのが一番です。

もし疲れすぎていて何もする気にならない場合は、無理に何かをする必要はありません。

ただぼーっとして過ごしたり、一日中寝て過ごすだけでも大丈夫です。

やる気が出なくてずっと寝ていたいと思うときこそ、疲れがピークで心と体は限界でしょう。決して怠け者というわけではなく、それだけ頑張った証拠なのです。

そんなときは罪悪感は忘れて、思う存分寝てくださいね。

ハッピー

辛いときは休みのが一番!

一人の時間で自分に優しくしよう♪

一人が好き=人が嫌いというわけではありません。ただ他の人と比べて疲れやすくて、休むために一人の時間が必要なだけなのです。

一人が好きなのは、「自分にも優しくしたい」という本音だと私は思います。

相手を優先することが当たり前で、誰かのために頑張りすぎて無理をしていませんか?その優しさを自分にも向けてあげてほしいです!

一人で過ごす時間を積極的に作って、頑張っている自分にご褒美をあげましょう♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

敏感な気質のため鬱気味になってしまい、しばらく社会から距離を置いて心の休養中です。負担の少ない在宅で無理なく働けないかと少しずつ模索しています。ゲームと画像加工が趣味で、ゲームのライブ配信をやっています。

目次
閉じる