心理カウンセラーにお悩み相談

人の目が気になるのはストレスのせい?自意識過剰な自分がイヤになってしまう理由

人の目を気にしてしまい、自分を上手に表現することができない、または人間関係が上手くいかない……。

そういった悩みを持っていると、とても生き辛く感じてしまう場面が多々あります。

もし今、この記事を読んでくださっているあなたが、こういった類の悩みをお持ちであれば、今日まで本当に辛かったことでしょう。

誰にも相談できず、こんな自意識過剰な自分が嫌い……と苦しい想いをされてきたのではないですか?

こういったケースは、過去に起きた出来事が心の傷となっているケースが多くあります。

ではどういったことが原因になっているのか、そしてこれから自分が変わるためのノウハウも一緒にみていきましょう。

さやみみ
さやみみ
心理カウンセラー「ちぃみ」さんにお話しを伺いました!

お悩み:人の目が気になってしまうんです……

さやみみ
さやみみ
人の目が気になってなかなか行動できないんです……
ハッピー
ハッピー
すぐに心臓バクバクしちゃって、失敗してしまうことが多いんだよね!
心理カウンセラーさん
心理カウンセラーさん
人の目が気になってしまう人は過去の出来事が影響している場合もあります。ひとつづつ紐解いていきましょう

人の目を気にしてしまうという心理は、決して悪いことではありません。

人の目に映る自分を意識するということはごく当たり前の心理でもあり、自分への程よい刺激にもなります。

しかし、この「人の目」が辛くなってくるケースとして挙げられるのが、人の目を気にしてしまう心理の奥に「人に嫌われないように行動する」という深層心理が働いているというケースです。

人に嫌われないように過ごしていくのはとてもしんどいことです。

このまま一生この悩みを抱えながら生きていくのかと思うと気が重いですよね。

「人に嫌われないように行動してしまう」のは、一体なぜなのでしょうか。

心の傷はありませんか?

まず、過去を思い返してみてください。

仲が良かった友達が急に離れていった、友達との間で仲間はずれにされた、孤独になった……そういった出来事はありませんでしたか?

さやみみ
さやみみ
私はクラスメイトに高校3年間無視された経験があるよ

人の目を気にしすぎてしまう大きな原因のひとつとして、過去に起きた友達関係のトラブルが根っことなっていることが多くあります。

友達関係でトラブルになってしまうのは小中学生~高校生と多感な時期が多い傾向にあります。

その時に受けた心の傷が大人になった今でも残っているということです。

当時とても悲しかったであろう出来事に対し、その感情に蓋をすることで自分を守っていたのでしょう。

さやみみ
さやみみ
たしかに、感情に蓋していたなー。今もだけど。

今では特に傷付いたりしないようなことでも、思春期や多感な時期には大きく傷つくことがあります。

こういった傷は深層心理として残り、大人になってから人との関わり方に大きく影響します。

あの時のような思いはもう二度としたくない!という心理が働いている状態なので、人に嫌われないように無意識のまま行動してしまうのです。

寂しさの裏には強さがある

あなたは、人の目を気にするがあまりに人との距離間が掴めずに、当たり障りの無い毎日を過ごしてきたのではないでしょうか?

すごく寂しく感じるときもあったかもしれませんね。

なんで自分は人との関わりが上手くいかないんだろう、と悩んだ日もあったと思います。

そんな自分を変えたいと思い、ネットで色々検索したり調べたりしながら、たどり着いた先がこの記事だったのではないでしょうか?

あなたは傷付きながらも自分を変えたいと行動できる強い心を持っている人なのです。

ハッピー
ハッピー
何かを行動するだけで凄いよ!

今のあなたに必要なもの

ただ、あなたに足りないものがひとつあります。

それは「自己愛」です。

あなたは自分が嫌いではないですか?

こんな自分なんて……と自分を下げるようなことばかり考えていませんか?

さやみみ
さやみみ
すぐ人と比べちゃうんだよね……

自分を好きになることって簡単なようで実はとても難しいことです。

悩みが多ければ多いほどに、人は自分自身のことが嫌いになっていきます。

自分を嫌いになり続けると自信を無くし、人前に出ることさえ怖くなってしまうこともあります。

自己評価が低いと人間関係が上手くいかなくなり、他人の評価ばかり気にして疲れてしまうのです。

[chat face="アイコン.png" name="さやみみ" align="left" border="none" bg="red"] 私もその負のループに迷い込んでるよ…… [/chat]

自分を好きになる方法

かと言って、いきなり「自分大好きー♪」とはなれませんよね。

自分を好きになるということに焦点を置くのではなく「自分のこういったところが好き」と自分探しを始めてみましょう。

なんでも良いです。

毎日歯を磨けるところが好き、靴を揃えるところが好き、ご飯を美味しく食べられるところが好き……と簡単なことでなんでも良いです。

1日に1つ自分の良いところ、好きなところを見つける練習をしましょう。

そんなのできて当たり前じゃん!と思うようなことでも、他人からすれば当たり前ではないことはたくさんあります。

こういったことを積み重ねる事で自己評価が上がっていきます。

人に優しくしてみる

想像してください。

自己評価が低い、自分が嫌い、良いところがない……。

そのような人を魅力的だと思う方は少なのではないでしょうか。

自分の良いところを見つけられる人は、人の良いところも見つけることができます。

自分に優しくできる人は、他人にも優しくできます。

人の良いところを見つけて、言葉にして伝えることができる人の周りには自然と人が集まります。

自分を好きになるということは、人からも好かれることに繋がっていくのです。

自信を持つ練習をしてみよう!

是非、今日から自分探しを始めてみてください。

自分に自信が持てるようになってくると自然と他人の目が怖くなくなります。

人の目を気にする自分で良いんです。

人に嫌われたくない、その思いは持っていて当然です。

誰だって人に嫌われるのは嬉しい事ではありませんから、無理にその感情を消してしまう必要はありません。

大切なのは、「自分を認めてあげること」「自分を大切に扱うこと」

今日の私、こういったことが良かったな……と1日を振り返って自分を褒めてあげること。

ナルシストになりましょうと勧めているのではなく、自分に自信が持てるあなたになってほしいと思います。

人の目を気にすることは長所でもある

人の目を気にすることができるのは、あなたの長所でもあるということを覚えておいてください。

人の目を気にすることができるのは、人の気持ちを考えることができるということです。

とっても素敵な長所ですね。

あなたの良いところ、これからもたくさん見つけてどんどん自分を好きになっていきましょう。

自信が持てるようになった頃のあなたは、きっと今以上に魅力的になっていると思いますよ★

ABOUT ME
さやみみ
内向的な性格で、最近自分がHSPだということを知りました。働くことが大好きなのに、働きづらさを感じてしまう。この状況を打破するために、自分らしい働き方を追求しています。現在はwebライター&ブロガーとして活動中です。