HSP・内向的

内向型HSPがすぐに行動できない理由!後回しは損をする!

なぜすぐに後回し

 

みなさんは、物事にすぐに取り組むタイプですか?

それともつい後回しにしてしまうタイプですか?

 

私はすぐに後回しにしてしまうタイプです。

そして、何度も失敗しています。

後回しにすることは、本当にメリットがありません。

私の経験だと9割くらいは失敗します。

 

そこでこの記事では、内向型HSPが物事を後回しにしてしまう理由についてまとめました。

 

「内向型HSPだから後回しにしやすいのか?」ということも私なりに分析していきます。

 

「あとでやろう」が口癖に

私は、あとでやろうが口癖です。

ちょっとめんどくさいと感じると、あとでいいかなと思ってしまいます。

 

無意識のうちに後回しにしているんですよね。

それで損をしたことが今までにたくさんあります。

 

私が後回しにして失敗したことを見ていきましょう。

 

  • クレジットカードのポイントが期限切れで消失
  • オンラインで溜めていたポイント消失
  • バスの予約が遅くなり、席が取れない状態に
  • 飛行機とホテルの割引期間が過ぎ、割高に
  • 買おうと思ってた商品が売り切れる
  • あとでSNSを更新しよう。→忘れる。

 

2ヶ月間くらいの間に起きた出来事です。このほかにも、ちょこちょこやらかしています。

 

さやみみ
さやみみ
うーん、かなり重症じゃん! 
ハッピー
ハッピー
どれだけ、お金を無駄にしてるんだよ!

 

しょぼい内容ばかりですが、私にとってはかなりショックな出来事でした。

ここまで後回しにしてしまう自分が悲しくなります。

 

内向型が後回しにしてしまう理由

 

成功者たちは「何でも早く取り組んでいる」というイメージがありませんか?

凄い人たちは、物事を後回しにしない人がほとんどです。

 

さやみみ
さやみみ
私もできる人になりたい!

 

昔から後回しにするクセがある私。

生まれつきの性格が原因なのか、ネットなどでいろいろ調べてみました。

 

調べてみると内向型の人は物事を後回しにしやすい傾向があるのだそう。

 

なぜかというと、

内向型の人は考えるための時間が必要だからです。

 

じっくり考えてから物事を判断をします。

 

たとえば、

 

  • 待ってるともっとよいことがあるかも
  • 期限まで余裕があるからもう少し考えよう
  • ちょっと時間をおいてから決めよう

 

 

このように、いろいろなことが頭の中を行ったり来たり。じっくりと考えてから決断したいんですよね。

 

考えがぐるぐる頭の中を走り回って、脳が疲れて決断を後回しにしてしまいます。

 

考え過ぎてしまう内向型だからこそ、何時間もしくは何日も時間をかけて物事を決めているんです。

 

その中には、失敗するのが怖いという感情も含まれています。

 

内向型は心の重荷から逃げたくなってしまう

 

後回しにするということは、いま置かれている現状から逃げている状態です。

 

心の重荷になること、いわゆる「しなくてはいけないこと」を後回しにしようとします。

 

ストレスから逃げ出そうとしたり、気を紛らわすため別のことをしたくなったり。

 

やらなければならない事と上手く向き合うことができません。

逃げることでエネルギーを保持することができますが、成功を遠ざける要因にもなります。

 

不安から逃げて楽したい。

 

これは誰にである感情ですが、これによって大切な機会を失ってしまうことも。

さらに先延ばしにすることで、あとからツケが回ってきます。

 

締め切りギリギリになりあせって失敗したり、考えることが十分にできなくてストレスを抱えてしまったり。

後回しにしたことで、より深刻な状況を引き起こすこともあるのです。

 

人間とは忘れる生き物だと肝に銘じる

 

つい、このように言ってしまうことはないでしょうか?

 

「明日やればいいや」

「明日なら忘れないもんね」

 

1日くらいなら先延ばしにしてもいいやと思いがちですが、次の日になったら結局忘れてしまいます。

せめてメモしておけば忘れないかもしれませんが、基本的には忘れると思っておいたほうがいいでしょう。

 

ハッピー
ハッピー
忘れないといってもすぐに忘れてしまうんだよね~
さやみみ
さやみみ
私も自信過剰すぎました…

 

 

人間は忘れる生き物です。

 

私も絶対忘れないと思いながら、結局忘れてしまったり、ギリギリまで先延ばしにして焦ってしまったりすることがよくあります。

だから忘れるたびに、「記憶力はあまり過信しすぎないほうがよい」と肝に銘じています。

 

忘れる前に実行することが一番です。

 

「あとからやる」は絶対にやらない

 

あとからやると決めると、いざ実行するときにあまり気がすすまない場合があります。

しかも熱量や鮮度も下がっているため、だんだんとやることが億劫になります。

 

たとえばブログの場合、

いいブログネタが思いついたからあとで書こう

あれ?何について書きたいんだったっけ?

スラスラ書けなくて時間がかかる

めんどくさくなる

途中で投げ出す…

という流れになってしまいます。

 

私の場合はSNSもそうで、TwitterやInstagramも後回しにしてしまい更新が滞ります。

「あとからやろう」が口癖になってしまうと、よいことはほぼありません。

 

「あとからやる」は絶対にやらない。

 

断言はできないかもしれませんが、80%くらいはやらないと思っておいたほうがよいです。

 

すぐやることを意識しよう

 

すぐやることで必ず成功するとは限りません。

もちろん失敗することもあります。

 

でも、後回しにするデメリットのほうが大きいです。

 

期限ギリギリまで待つメリットがあればよいのですが、早くても遅くても関係ないならすぐに実行に移したほうがよいですよね。

 

時間がなくて後回しにする場合は、できれば当日か次の日までには作業をしたいところ。

 

私は「自分は内向型だから」と、つい言い訳をしたくなります。

でも内向型だからできないのではなく、内向型でも早く行動することはできるんです。

 

いつもより少しだけでいいから早く行動するだけでいいんですよね。

 

さやみみ
さやみみ
何でも性格のせいにしたらダメだね…(反省)

 

「すぐにやる」と決めておくことが大切。

 

「すぐに行動する」ことを習慣にしないと、なかなか負のループから抜け出すことができません。

熱量が高いうちに行動に移すことが必要です。

 

私も自分への教訓として「スピード」を意識して行動していきます。

 

ABOUT ME
さやみみ
内向的な性格で、最近自分がHSPだということを知りました。働くことが大好きなのに、働きづらさを感じてしまう。この状況を打破するために、自分らしい働き方を追求しています。現在はwebライター&ブロガーとして活動中です。